劇団四季「CATS」@キャッツ・シアター大井町 観劇感想 2020.11.28.Sat.

ミュージカル

劇団四季「CATS」@キャッツ・シアター(東京・大井町)

ミュージカル『キャッツ』作品紹介 | 劇団四季【公式サイト】
ミュージカル『キャッツ』のオフィシャルウェブサイト。 公演情報やチケット予約はこちらから。ストーリーや舞台写真、最新プロモーションVTRなどの作品情報も紹介しています。

「キャッツ」という名前だけでも聞いたことある方は多いのではないでしょうか!
1981年イギリスでの初演から愛され続けるこの作品を、日本では劇団四季が公演しています。

【ストーリー】
この世界では、人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強い心と無限の個性、行動力を持つ猫をジェリクルキャッツといいます。
今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。
見た目も性格も生き方も全く異なる猫たちが、それぞれの個性を表現し、アピールしていきます。
どのジェリクルキャッツが選ばれるのかを、観客は観ていくことになります。

【構成】
2時間40分(休憩20分)2幕編成

【座席】
この劇場は「CATS」専用となっており、特筆すべきは最前列〜4列目までの「S回転席」!!!
2020年12月現在は、新型コロナウイルスの影響により販売停止の座席になっていますが、この席はほぼステージと同化していると言っても過言ではありません!
「回転」って何よ!?!?と思いますよね。
実はステージが円形になっていて、その一部が座席となっています。円形のステージが180度回転するのですが、座席も円形内にあるので、一緒に回転するんです。
「何言ってんの!?」と思う方は、ぜひキャッツを観に行って、確かめてみてください!笑

【ピックアップキャッツ】
およそ20の猫が出演しますが、1匹1匹に個性があります!
恋人同士の猫、夜行列車の猫などなど、お気に入りの1匹を見つけるように観劇するのも楽しいと思います!
特に初めて観劇する方は、ロックスターのようなラム・タム・タガーという猫が印象に残りやすいと思いますよ(`・∀・´)

【感想】
正直ストーリーは難しいというか、理解しなくていいと思います!
猫の舞踏会を俯瞰して楽しむ、これがキャッツの醍醐味です。

特に全員でのダンスシーンは圧巻!ミュージカルなのに、歌無しのダンスがすごいんです。
むしろミュージカルじゃなくてダンスショーなのでは!?!?と思う場面もありますが、ダンスでこんなに心揺さぶられるんだ!と、とても感動しました。

キャッツは歌、ダンス、バレエ、雑技など、多方面のスキルを求められる演目です。「軽いサーカス」のような感覚に陥ることもあると思います。なので、これらを網羅できている劇団員のクオリティは、本当に素晴らしいと思います。

キャッツ・シアターは、舞台設定となっている街のゴミ捨て場を再現しています。
なので、ステージではなく、座席の壁などにはいろいろなガラクタが散らかっているような装飾が施されています。
休憩時間中に、リフレッシュがてら壁の装飾を探検してみるのもありです!

「ショー」として楽しめるので、芸術好きな方はデートにもお勧めできる作品です。

【スネ毛ちゃん評価】
総合評価:★★★★★

初心者にオススメ度:★★★★☆
普通のミュージカルではない!というのを前提に観て欲しいです。笑
比較的ショー感覚で、レベルの高いパフォーマンスを楽しめる作品です。

ミュージカルファンにオススメ度:★★★★★

【公演期間】
2018年8月〜2021年6月@キャッツ・シアター(東京・大井町)

ほぼ毎日公演していますし、土日もチケット取りやすいので、ぜひ気軽に観ていただきたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました